SNIRの副作用と離脱症状

SNRIはどのような薬か?

SNRIとは、うつ病や不安障害、強迫性障害、パニック症、摂食障害等を改善する薬です。専門的には、セロトニンやアドレナリンといった神経伝達物質を再取り組むのを止めるように働きます。種類はひとつでミルナシプランです。例えば、なんだか気分が落ち込んでしまう、不安な気持ちで毎日を過ごす、悲観的な思いにかられる、ものに集中できない、不眠に陥っている、等の精神障害を助ける薬として知られています。SNRIを服用すると、そういった心の障害が取り除かれて、気分が明るくなり、不安もなくなり、気持ちがすっきりします。副作用として知られることは、食欲不振、のどの渇き、吐き気、下痢、便秘、めまい、頭痛、肝機能障害、発疹、いらいら、インポテンツ等があります。SNRIの効果を期待する場合、服用をスタートしてから1〜2週間がかかります。医師が服用を開始してから、患者の進行を確認して、その効果によって、薬の量を増加するようにします。服用はじめは、ちょっとした吐き気やめまい等の軽い症状が伴うことがありますが、いずれも1週間くらいで消失します。しかし、気分がよくなったからといっても、自己判断で中止するのはやめましょう。また、症状がよくなったり、悪くなったりしながら、少しずつ改善しますので、あまりあせらずに続けることが大切です。


体力系アルバイト

うつ病 薬の種類と副作用